交通事故

当院では多数のお客様が整形外科、整骨院などから
転院されている方が多数いらっしゃいます。

このような方が来院されています。

  • リハビリに通っているけど、なかなかむち打ちの症状が改善しない。
  • 病院は受付をしてから帰るまで何時間もかかるので、仕事に支障が出てくる。
  • 打った覚えのない場所が痛んできた。
  • 頭痛を痛み止めの薬を飲んで誤魔化してきたけど、きちんと改善したい。
  • リハビリした後はいいけど、すぐに痛みが戻ってしまう。
  • レントゲンでは異常が無いと言われたけど、首や腰が痛い。
  • 妊婦なので、薬は飲みたくない。
  • 頭痛や吐き気がする
  • めまいがする
  • しびれやだるさがある
  • 首や肩のコリがひどくなった
  • 朝起きると首や肩が痛む
  • 天気が悪くなる前に痛みが出てくる。

当院では交通事故を専門とした施術を行っています

以前私は整形外科や整骨院で働いていました。その時のお客様で
「首が痛いんだよねー、でも昔交通事故でむち打ちになった後遺症だと思う。」
という方が多くいました。
あなたの周りにはそのような方がいませんか?

私はこの言葉を聞く度にその時になんでしっかりと改善できなかったのだろう。
しっかりと施術できる施術院に通っていれば、今苦しむことはなかったのに・・・。
と非常に悔しく思った事が私が交通事故の施術を真剣に取り組もう!と思ったきっかけでした。

当院ではただ単に痛みがある箇所を電気をかけて揉むという施術はしません。
痛みが出ている本当の原因を突き止めます。
現に肘の痛みを訴えて整形外科でリハビリを1ヶ月しても全然変わらなかったので、
当整骨院に転院されてきたお客様が居ましたが、痛みの原因は首の骨にありました。
首の骨を軽く緩ませてあげると、肘を触っていないのに痛みが無くなりました。
(当院はバキバキしたり、強く揉むということはしませんので安心してください)
このような事は他のお客様にも多数あります。

薬を飲む、電気をかける、温める。だけでは改善出来なかったでしょう。

一人でも交通事故をしてから5年後10年後に苦しむ人を減らしていきたいと思っています。

ほりうち鍼灸整骨院マッサージ院で施術を受けるメリット

1.お客様の自己負担「0円」です。

2.手技メインの施術、痛みを軽減させる電気施術を受ける事ができます。

3.平日夜9時まで、土日も午前中施術しているのでお仕事がある方に大変助かるとお声を頂いています。

4.今現在病院に行っているかたでも変更は可能です。

5.完全予約制なので忙しいときでも待ち時間がなく施術をうける事ができます。

6.妻が受付にいて抱っこしてくれるので、お子さんや赤ちゃん連れでも安心して施術を受けれます。

交通事故から施術までの流れ

警察へ連絡して現場検証

必ず現場検証をしてもらって下さい。
大したケガじゃないから。
急いでいるから。
自分も悪かったし。

などといった理由でその場で加害者の方と示談してしまうと後々の揉め事になってしまいます。
必ずその場で警察に連絡して現場検証をしてもらい事故証明をもらいます。

 

病院・整形外科を受診してください

救急車で病院に運ばれた場合はその病院で診断を受けます。
診断書を書いてもらい、痛む箇所がきちんと診断書に書いてあるか確認しましょう。
事故直後はなんともなく、あとから調子が悪くなってきたときは、
すみやかに交通事故に遭ったことを医師に告げ、受診してください。
事故後から受診まで時間がたち過ぎると(約2週間)事故との因果関係がはっきりしなくなり、被害者に不利になります。
たいしたことはないと自己判断せず、施術を受け、診断書を書いてもらいましょう。

 

保険会社に連絡する

施術を受けたい旨、保険会社に連絡を入れます。
この場合、最初にかかった病院、整形でしか施術を受けられないわけではありません。
ご自分で受けたい施術院を決め、担当者に連絡します。

当院に交通事故施術を受けるまでの流れ

お電話でご予約をお願いします

当院は完全予約制です。施術日の予約をお願いします。 必要な書類(紹介状)はありません。

※電話での受付の際、下記項目について伺います。

 

自賠責保険の施術に必要な事項

  • 事故証明の有無(警察を呼んで現場検証をしたか)
  • 診断書の有無(病院で出された診断名)
  • 保険会社名、保険会社の電話番号、担当者のお名前

以上の3項目をお電話で確認させて頂きます。

 

当院で事務手続きを行います

保険会社から当院に連絡が入ります。
当院と保険会社間で事務手続きを行います。

即日から施術が受けられます

自己負担は0円です。
整骨院も通院の慰謝料が支払われます。

正確な計算式は

[1]全治療期間(入院期間+通院期間)の日数

[2]実通院日数(治療期間中に実際に通院した日数)×2の日数

[1]と[2]を比較して少ない日数が基準日数として適用されます。

(例)治療期間90日、実通院日数30日の場合

30×2<90 となりますので、「実通院日数の2倍である60日」を採用。

治療期間90日、実通院日数60日の場合

60×2>90 となりますので、「治療期間の90日」を採用。

その日数に4200円を掛けたのが通院慰謝料になります。

施術の流れ

お電話でご予約をお願いします

「はい!ほりうち鍼灸整骨院です。」と出ますので

交通事故にあって施術を受けたいのですが。とおっしゃって下さい。

その後、予約の日時を決めます。

カウンセリング

詳しく事故の状況、身体の症状等を詳しく検査、お聞きしていきます。

施術前検査・施術・施術後検査

症状に合わせて早期回復、お客様にベストな施術をしていきます。

施術期間

自賠責保険での施術は時間が限られています。出来る限り後遺症を残さないよう施術をしていかなければなりません。
軽い事故でも身体にかかるエネルギーは思った以上に大きいです。
甘く見ずに最初の3ヶ月が勝負と考え、この間に出来る限り改善させることを目標に施術にあたっています。

施術間隔

数回の施術ですぐによくなるものではありません。
良くなったと思っても必ず症状に波があり、だんだんと少しずつ改善していきます。
限られた期間のなかで改善を目指しますので、最初の3ヶ月はなるべく間隔をあけないで、通院していただきたいと思います。
最低でも週2回ぐらいは通院できるようにスケジュールを調整ください。
当院は完全予約制でほとんど待ち時間なく施術に入れますので、計画が立てやすいと思います。

施術までの目標

自賠責保険の施術期間に決まりはありませんが、一般的にレントゲン、MRIで
異常が見られない自覚症状のみのむちうちの場合、3ヶ月〜6ヶ月です。
当院ではできれば、3ヶ月以内、遅くとも半年以内の改善を目指すことを目標にしています。

症状が改善されれば終了です

保険会社と示談に進んで下さい。