顎関節症ってどんな症状?

顎が痛くて硬いものが食べられない・・・

 

口が開きづらい・・・

 

口を開けるとポキポキ音がなる・・・

 

こんな症状がある方は、顎関節症かもしれません!

 

今回は、顎関節症についてのお話をしていこうと思います。

顎関節症ってどんな症状?

顎関節症の代表的な症状として

  • 口の開閉時に顎が痛む
  • 口を開けると音がなる
  • 口が開けられない
  • 顎が痛くて硬いものが食べられない

などなど、こういう症状は顎関節症の疑いがあります。

 

顎関節症には、大きく分けて4つのタイプがあるので、紹介していきます。

①顎の筋肉が影響しているタイプ

口を開けたり閉じたりする筋肉が硬くなったり、使い方が悪くて炎症が起こったりして、痛みや顎の開き辛さなどを起こす顎関節症のことです。

 

②顎の関節が影響しているタイプ

関節には、骨の他に軟骨や靭帯、関節包といった組織があり、その組織が、何らかの原因で無理な力が加わり、傷んでしまう顎関節症のことです。

 

③顎関節の中の関節円板が影響しているタイプ

顎の関節には、クッションの役割をもつ関節円板という組織が存在します。その関節円板がずれて顎のバランスが悪くなり、痛みなどの症状を出してしまう顎関節症のこと。

 

④顎関節を構成する骨の変形が影響しているタイプ

加齢などにより、関節の軟骨が薄くなると、顎の関節を構成する骨同士が擦れ合ったりしてしまい、その結果、骨が変形してしまって、顎の開閉時の痛みやポキポキ音が鳴ったりしてしまいます。

 

 

 

大きくは、この4つのタイプに分けられます。

 

この4つのタイプ単体で、顎関節症になることは少なく、それぞれのタイプが複合していることが多いです。

 

この4つのタイプの中でも、①のタイプは、どのタイプの顎関節症とも関わりが大きいです。

 

顎関節症は、基本的に、顎の筋肉が硬くなったり、凝ったりして、うまく顎の関節を使えなくなり、関節の炎症や骨の変形を起こしてしまうことが多いのです。

 

ですので、今回は、顎の筋肉にアプローチをする、顎関節症のセルフケアをご紹介したいと思います。

 

顎関節症のセルフケア

今回は、分かりやすいように動画で解説しております。

ぜひ、参考にしてください!!